綺麗にカラーリング

美容院と市販のカラーリングの違い

最近は市販のカラーリング剤の種類も増えてきて、自分でカラーリングしている方もたくさんいらっしゃいます。 しかし、本職である美容室でカラーリングするのと比べると、やはり仕上がりには歴然の差が出てしまいます。 主な原因としては、薬剤の違いがあります。 市販のものは誰でも均一に染まりやすいように作られていて、色のバリエーションもあまりありません。 しかし、美容室で染めてもらう場合には、その人の希望にあった色にすることができて、髪質や肌質などにも配慮してもらえます。 また、根元と毛先、部分的に色を変えたり、薬剤の種類を変えたりなど、細かい技術が使われています。 お金はかかってしまいますが、仕上がり重視ならやはり美容室に軍配が上がります。

美容室でのカラーリングの注意点

自分が希望する色にカラーリングしてもらうためにも、美容室に行く時に気をつけたい点が幾つかあります。 まず、美容室に行く前にシャンプーをする必要はありません。 美容師さんが使うカラーリング剤に合ったシャンプーの仕方で、髪を洗ってくれます。 また、色や明るさなど大まかでも良いので、ある程度はどんな風にしたいかを決めておくのが大切です。 そして、良く着る服やメイクで行くのが良いでしょう。 その人にぴったりな色や明るさを提案してくれるので、普段通りの格好やメイクをしていくと、自分により似合うカラーをすることができます。 前回いつ染めたか、自宅で自分で染めたか、パーマなどはいつかけたかなどは、覚えておくようにしましょう。 以前の施術で仕上がりが大きく違ってしまうこともあります。